ショートからミディアムそしてロングまでの髪型図鑑

ヘアのいろいろ集めました。女の子男の子の髪型、レディースメンズのパーマやカラーも!パーティースタイルアレンジやヘアケア、似あわせの知識も勉強しましょう!!

メッシュで髪を変える!おうちでの入れ方!

      2018/03/18

Sponsored Link

出典
http://yourbeauty411.com/highlight-hair/

メッシュが入った髪はかっこいいです。入れ方によっては、かわいくもなりますよね。美容室でやったことはあるけど、あれを家でやろうとは思わないですよね。

難しそうだし。でも、できるもんなら自分で自由にできたら、遊べそうですね。ということで、調べてみました。メッシュを自分でやる方法。

メッシュとは

そもそもメッシュって、聞いたこともあるし、やったこともあるけど、頭に、カラーで線みたいに入っているものがメッシュって言うのでしょうか。まずメッシュはなんなのか、はっきりさせておきましょう。

メッシュとは、髪の一部分をカラーリングすることです。なので、ポイントで、好きなところを一箇所チョイスして、色を塗ればメッシュと呼べるようです。また一箇所だけの場合はポイントカラーとも呼びます。

ハイライトとローライト

メッシュは理解できたと思います。メッシュとともに、よく耳にする、ハイライトとかローライトはメッシュと混同しがちだと思うのですが、あれは何なのでしょうか。

ハイライトは、地毛より明るく色を入れたメッシュのことをそう呼びます。ローライトは、地毛より暗く色を入れたメッシュをそう呼びます。

ポイントカラーとの違いは、ハイライト、ローライトは髪の毛を細かくポイントで取っていって全体に入れるようなイメージですね。

ポイントカラーはそこだけ際立ててガツッと入れる感じでしょうか。しかしどちらも、メッシュと呼ぶようです。

これで、メッシュについて少しすっきりしましたね。

Sponsored Link

メッシュの入れ方

次に入れ方です。

まずどこにいれるかです。ポイントカラーであれば、好きなところを、すくって、染めれば良さそうですが、ハイライトとかは、難しそうですね。

ハイライトの場合の入れ方はいろいろあって、入れる場所によって見え方が変わります。

ただ素人がそこまで計算してやることは不可能なので、メッシュ風になれば良しとしましょう。

まずは動画を御覧ください

入れる位置に注目すると、えりあしから徐々に、上にあがっていって、感覚的に毛束を取って塗っていってますね。

上の方は、動画が途中で切れていて、何処塗ってるかわからないですが、感じはつかめるのではないでしょうか。

次はこれです。

表面だけを塗っています。表面はこんな感じで塗っていったら良さそうです。まばらに毛束をとって、塗っています。

道具と手順

少しまとめると、必要な道具は、ブリーチとハケと手袋とアルミホイルです。

手順は、表面だけメッシュをいれるなら、そのまま手で、表面の入れたいところの毛束を細かめでとって、塗っていけばOK

中にも入れたい場合は、髪を止めるものが必要になります。襟足から、入れたい場所の毛束をとって、ハケで塗っていきます。

なぜ中はハケなのかというと、手にブリーチがついたままで作業すると、ほかのところにもブリーチがついてしまうからだと思います。

最後に超簡単そうな動画を見つけたので、紹介します。

最後に

やはりメッシュは難しそうですね。自宅でやる場合は、雰囲気を楽しむ程度だなと思いました。

しかし、メッシュを入れると、印象も変わっていい感じになります。思い切って、自宅でチャレンジしてみましょう!

 - ヘアカラー, メッシュ髪