ショートからミディアムそしてロングまでの髪型図鑑

ヘアのいろいろ集めました。女の子男の子の髪型、レディースメンズのパーマやカラーも!パーティースタイルアレンジやヘアケア、似あわせの知識も勉強しましょう!!

黒髪からアッシュにする!ブリーチなしの場合はどうなる?

      2018/03/18

Sponsored Link

出典
http://www.totalbeauty.com/content/gallery/p_hairc…

アッシュ系に髪を染めたいけど、ブリーチはしたくない人も多いと思います。しかし、アッシュにするならブリーチした方がいいという人も多いしどうしたらいいのかわからないですよね。

ということで、黒髪からアッシュにする前に知っておきたいことを紹介します。仕上がりイメージと注意点を知って、頭のなかをすっきりしましょう。

なぜブリーチをしたほうがいのか

はじめに、アッシュにする場合になぜブリーチをするのかを知りましょう。一般的には地毛の色を抜いてから染めたほうが綺麗に色がはいるといわれています。

綺麗に色がはいるとは、アッシュの色味が綺麗にでるということです。あなたがイメージするアッシュの色味はどんな色でしょうか?

アッシュと聞いても多分イメージする色はそれぞれ微妙に違うと思いますが、巷にあふれている、雑誌やTVのモデルのイメージから、アッシュといえば、グレイやシルバーのような透明感がある色味を想像している人が少なく無いと思います。

そんなグレイやシルバーのような色味にしたい場合に、自毛を一度明るくしてから、アッシュをいれると近い感じになってきます。このときに、髪に色をいれずに明るさだけをあげるのにブリーチなどが使われます。

このようなことから、アッシュにするならブリーチのようなイメージができていると思います。

Sponsored Link

黒髪でブリーチをしたくない人もいる

しかし、アッシュにしたいけどブリーチしたくない、またはできない人もいますよね。この場合、染めたらどうなるのか気になると思います。実際ブリーチなしで染めると自毛が、真っ黒の人はアッシュというよりもただの茶髪になります。

というか見た目は茶髪に見えます。なかなか透明感や柔らかさは出しにくいです。自毛が、明るい人で陽に当たると、髪がすけるような人はアッシュのカラーのみで染めても、グレイまではいかないですが、茶髪でも、髪がスケたようなアッシュの柔らかさがでます。

出典
http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/114…

髪の毛のもともとの色素は人によって違います。人種によっても違うので、同じように染めてもみな同じになりません。ある一定のところまでいくと、同じような色をだせます。それが、ブリーチした状態での金色や白などです。そこまでいけば、仕上がりの感じが、かなりイメージできます。

黒髪からアッシュのような透明感や柔らかさを出したい場合は、カラーを2回しましょう。1回染めて、乾かしてからもう1回です。違いが体感できるとおもいます。

ブリーチして、明るくなりすぎるのがマズいからブリーチを使わないという人は、まずはブリーチしてその上から、暗めのアッシュをいれましょう。全体に暗くなりますが、黒髪に染めて暗くなったのとは違う雰囲気になりますし、アッシュの色味もゲットできます。

まとめ

黒髪からブリーチなしでアッシュにすると、自毛の状態によっては、イメージと違う感じになります。ただの茶髪になる可能性もあります。したがって今回紹介したことを参考に、黒髪からアッシュにチャレンジしてみましょう。

 - ヘアカラー, アッシュカラー